マネジメントスキルの高いエンジニアの転職

IT革命と呼ばれた時代以降、激しいIT業界内での競争が繰り広げられてきた。その現場で必要とされていたエンジニアは主に開発系のスキルを持っている人であり、現場で専門的なスキルを発揮して実務をこなせることが重視されていた。それで現場で十分な活躍ができていたのは確かだが、その年代が中核を成す時代になってIT業界には深刻な問題が生まれてきている。

実務能力の高いエンジニアは多い一方で、管理職に立って現場のマネジメントができる人材があまり育っていない状況に陥っている現場が多いのである。エンジニアを統率してプロジェクトを牽引するマネジメントの仕事は、現場経験を積んできたエンジニアが担うのが望ましいのは明らかだろう。それができるほどのマネジメントスキルを持った人材が多くの現場で渇望されているのである。

マネジメントについて学んで十分な知識とノウハウを身につけたエンジニアなら、転職エージェントを利用することで速やかに管理職の求人を紹介してもらえる可能性すらあるだろう。数年後にはプロジェクトリーダーとする予定で採用してもらうという形を取ることも多い。上に立ってプロジェクトを牽引し、現場のエンジニアの調整を行うのはプロジェクトを成功させるために欠かせない役割である。特に多くの異なる職能を持っている人材でプロジェクトを組むことが多くなっているため、その全体をマネジメントできるエンジニアが活躍できる場面は飛躍的に増えている。