時代を先取りするかトレンドに合わせる

流行り廃りの影響が大きいのがIT業界の実情であり、数年前まではトップクラスの人気があった技術も今ではほとんど見る影もない状況になっているというものも多い。エンジニアとして成功するためにはどのスキルを自分のものにして現場で働いていくかの選択を誤らないことが不可欠である。将来的にはエンジニアになりたいと考えて必死に勉強してきたという人は、そのときに習得したスキルがもはや役に立たなくなっている可能性もあることには留意した方が良いだろう。

成功につなげるためのスキル習得の考え方は二つある。一つは将来性を高めるために先取りをする方法であり、芽生えてきた新しい技術に目を向けて誰よりも先に習得しておくと活躍できる機会を得やすい。もう一つは正にトレンドになっているスキルを速やかに習得して現場に出て活躍するという方法である。スキルを新しく手に入れたときにはそれを生かして転職することは比較的容易であり、転職エージェントを頼れば実現しやすいだろう。トレンドのスキルであれば多数の候補から選ぶことができる場合が多い。

一方、先取りをした場合にはベンチャー企業や高い専門性のあるIT企業からの求人を紹介してもらえる可能性が高いだろう。どちらを選んでも当面は仕事に困る心配はなくなるが、長い目で見るとまた新たにスキルを習得して将来に備える必要はある。しかし、エンジニアとして活躍を続けるためには先取りかトレンドかを選ぶと比較的活躍できる期間を長くしやすい。